Tokyo City競馬のバックヤード見学

7月4日に、大井競馬場に行き、地方競馬の開催業務やそこで働いている装蹄師さんの仕事を見学させていただきました。

G-FRONT.JPG

 大井競馬場は、別名Tokyo City競馬と言われるように東京都心の品川区にあり、とてもおしゃれな感じがする競馬場です。研修の前半は、競馬の開催に関連する装鞍所、馬場、スタンドや誘導馬厩舎などを見学させていただきました。昨年の11月にオープンした新スタンドG-FRONTでは、出走馬がゴールする迫力ある瞬間を目の前で見られるように設計されており、競馬ファンが楽しめるような充実した環境を目指しているそうです。また、誘導馬厩舎では、馬車を曳くクライズデールというとてもおおきな重種やきれいな葦毛の馬などが繋養されていました。特に、クライズデールの馬体の大きさは、普段、軽種馬を見ている私達にはとても驚きでした。

クライズデール.jpg

見学の後半は、大井競馬場で働いている装蹄師さんの仕事の流れを見せていただきました。装蹄工場は多くの開業装蹄師さんが共同で使用しており、それぞれ使用する蹄鉄や装蹄道具などを置いていました。また、レースのことや装蹄処置の方法などについても、お互いに楽しそうに話していました。実際の装蹄は、担当している馬が繋養されている厩舎に装蹄工具や蹄鉄を持って移動して、そこで作業を行っていました。美浦TC見学研修でも開業装蹄師さんの仕事を見せていただきましたが、その違いも感じながら勉強することができました。厩舎の中での装蹄.jpg

今回の研修の最後は、競走馬の装蹄師として現役最高齢である須崎先生の鍛冶技術を見学することができました。造鉄では、2回の加熱で1個の蹄鉄を作る技術を見せていただきました。現在、私達が教育センターで行っている鉄桿造鉄では、加熱しては叩き、加熱しては叩き、という作業を何度も繰り返していますが、なかなかバランスのいい蹄鉄を作ることができません。須崎先生は、たった2回の加熱できれいな蹄鉄を完成させる技を見て、ベテランの洗練された無駄のない技術を知ると同時に自分たちが目指ものを改めて感じました。また、須崎先生は、さまざまな装蹄工具や刃物造りもされており、今回は鎌型蹄刀の制作手順を見せていただきました。刃物を作る際は、材料の色で加熱した温度を見極めなければなりませんが、私達には、その色の違いを理解することできませんでした。将来は、私達も須崎先生のように、高い技術を持った装蹄師を目指したいと思いました。

須崎先生 .jpg

講習期間は残り7ヶ月と時間が経つのが早いですが、できる限りのことを精一杯やり個々の目標に向かって頑張ります。

この記事について

このページは、公益社団法人日本装削蹄協会が2016年7月20日 17:21に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「センターの先生」です。

次の記事は「母馬と子馬に触れた北海道研修・第1回」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。