2016年8月アーカイブ

研修6日目(午後):牧場での削蹄実習(社台ファームさん

6日目の午後は、社台ファームで繁殖牝馬などの削蹄実習をさせていただきました。講師は、今年の春に教育センターを修了され、社台ファームに勤務している先輩装蹄師2名です。スピーディーに作業をしながら、的確に指導をしていただきましたが、装蹄師として現場で働くようになって1年もしないのに、ここまでのことができるようになれるというのは驚きでした。教育センターでの講習期間中にも先輩方に会う機会はありますが、1年目の先輩からこのような形で指導していただけたので、明確な目標が見えてきた気がします。

DSCN1591.JPG

研修7日目:牧場での見学研修(社台ファームさん

北海道研修最終日も社台ファームでお世話になりました。

午前は、特殊蹄鉄を用いた装蹄処置法の見学です。計測した蹄に合わせて、連尾蹄鉄を造鉄し、罹患馬の蹄に装着していました。現在、教育センターの実習では、造鉄は蹄鉄を作製するトレーニングとして行っており、装蹄には自分たちが造鉄した蹄鉄ではなく機械性蹄鉄を装着するので、今回の特殊蹄鉄の装蹄処置法はとても新鮮で、刺激的でした。将来は自分で造鉄した蹄鉄を用いて装蹄するオーダーメイド式装蹄ができる装蹄師になれたらと夢が膨らみました。

DSCN1617.JPG

午後は、"獣医師から見た肢軸異常について"との内容で講義をしていただきました。幼駒の肢軸異常が適切な装蹄療法によって徐々に回復するというものでしたが、ここでも一番大切だと感じたことは、飼養管理者・装蹄師・獣医の三者の連携がとても大事であるという事です。装蹄師は薬やレントゲンなどを扱うことはできませんが、獣医師も特殊な装削蹄をすることは難しいと思います。また、日常的に馬に接する管理者の観察や手入れのおかげで些細な異常を早期に発見できます。現場にたって仕事をする際には、関係者と密接にコミュニケーションも取って、馬に対しての情報の共有がしっかりとれるようにしようと感じました。

この北海道研修を通して、装蹄に関わる技術と知識だけではなく、日本の馬産業で大きな役割を担っている生産地における、馬が生まれ、育っていく状況、さらにそこに携わる多くの人たちの思いについても知ることができました。装蹄に関することはもちろんですが、ホースマンとして大切な部分も少しは身に付けることができた気がします。

DSCN1312.JPG

シンザン像にて

今回お世話になりました皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

今回お世話になった方々〈訪問順・敬称略〉

・帯広競馬場

・高橋装蹄所(ばんえい)

・千葉装蹄所(ばんえい)

・北海道日高装蹄師会のみなさん

・JRA日高育成牧場

・BTC軽種馬育成調教センター

・谷口牧場

・中神牧場

・ヒダカファーム

・NOSAI日高家畜診療センター

・日本軽種馬協会 静内種馬場

・(株)ノースヒルズ

・静内フジカワ牧場

・日高軽種馬農協 静内支所 北海道市場

・社台スタリオンステーション

・ノーザンファーム

・社台ファーム

研修5日目:牧場(ノースヒルズさん)ならびに関連施設(北海道市場)の見学

午前中は、ノースヒルズで見学をさせていただきました。ここでの見学内容は、今年生まれた子馬から順次年齢を上げながら子馬を見せていただき、成長に伴う馬体の変化や特徴について学ばせていただきました。教育センターなどで私達が装蹄させていただいている馬達は、このように成長してきたということを実感できました。そして、様々な人の思いを受けて育っていることも感じることができました。

DSCN1503.JPG

午後からは,静内フジカワ牧場さんにおいての削蹄実習と日高軽種馬農協静内支所にある北海道市場の施設を見学させていただきました。

静内フジカワ牧場さんでは、北海道日高装蹄師会の会員の方の指導のもと繁殖牝馬の削蹄をさせていただきました。

DSCN1534.JPG

北海道市場では、取引の様子、馬の見せ方や見るポイント、また様々なエピソードなど、とても興味ある話を聞くことができました。ここから、多くのスターホースが一歩を踏み出す場となることに感動しました。

DSCN1565.JPG

研修6日目(午前):牧場見学(社台スタリオンステーションさん、ノーザンファームさん)

午前中は、社台スタリオンステーションで、多くの有名種牡馬の見学をさせていただきました。かつてG1馬としてターフを駆け抜け、日本中の競馬ファンに夢を与えた有名馬たちが在厩しており、競馬をあまり知らない人間でも興奮してしまうような場所でした。ここでは、それぞれの牡馬ごとに、往年のレースでの走り方や馬体の特徴、種付シーズン中のお話など、普段なかなか聞けないようなお話をしていただきました。

社台スタリオンステーションでの見学の後、ノーザンファームでの見学と講義を受けました。繁殖牝馬に発生した蹄葉炎に対して、実際に行った装蹄療法を詳細なデーターや写真を示しながら経過を説明していただきました。少し難しい内容でしたが、外貌写真だけではなくレントゲンなどと合わせながら解説していただけたので、とても理解しやすい内容でした。

]DSCN1572.JPG

研修3日目:JRA日高育成牧場での実習と講義

 JRA日高育成牧場で、削蹄実習と講義を受け、広大な施設の見学もさせていただきました。繁殖牝馬の削蹄実習では、保定法や基本的な蹄鑢の使い方などについて、教えていただきました。また、実習の合間に、生産地ならではの子馬の蹄や護蹄管理方法についての説明もしていただきました。生後間もない子馬には蹄餅と言う柔らかい角質が蹄の先端を覆っており、その後、硬い角質が徐々に生長して変わっていくこと、子馬に肢軸を矯正する際は、成長が早いので適切なタイミングを見極めることも意識しながら装削蹄しなければならないと教わりました。また、クラブフットは生後3カ月〜6カ月の間に発生しやすく、成長するに従って処置の効果がでないので、定期的な肢蹄の観察や早期の矯正処置が大切だと教わりました。

講義では、「競走馬の飼料と栄養」と題して、蹄の健康や病気と栄養の関わりについて教えていただきました。装蹄だけではなく、蹄には様々なものが関わっているので、装蹄師として知らなければならない"馬に関する知識"がとても多く、常に勉強を続けなくてはいけないと感じました。

DSCN1372.JPG

日高育成牧場での集合写真

研修4日目:牧場での削蹄実習(ヒダカファームさん)、関連施設の見学と講義(日高家畜診療センター、日本軽種馬協会の静内種馬場)

午前中は、北海道日高装蹄師会の会員の方から指導で、牧場で削蹄実習をさせていただきました。ここでも、装蹄教育センターでは得ることができない、貴重な体験をさせていただきました。

DSCN1421.JPG

午後からは日高家畜診療センターと日本軽種馬協会の静内種馬場(JBBA)でそれぞれ施設見学と講義を受けました。家畜診療センターでは、家畜の処置室を見学して、子馬や成馬、牛など様々なサイズの動物に対応する設備が整っており、特に子馬にも十分に治療できる施設が整備されているのは、生産地である北海道ならではと感じました。

DSCN1462.JPG

また、診療センターの先生の講義では、各種疾病の発症割合や幼駒の肢軸矯正の方法について説明していただき、特に印象的だったのは、装蹄師と獣医師とが良好なパートナーとなるこの重要性について話されていたことです。近い将来、私達も装蹄師として、馬と関わるので獣医師との関係は非常に大切だと感じました。JBBAでの講義は、種牡馬の護蹄管理や海外の装蹄事情の話で、私達が普段から行っている技術を工夫することで、色々なことができる可能性を改めて感じることができました。

DSCN1494.JPG

7月24日から30日まで、北海道で研修をさせていただき、貴重な経験をしました。今回から4回に分けて、その様子をレポートさせていただきます。

研修1日目:ばんえい競馬の装蹄見学

 私達の北海道研修は、十勝帯広空港から始まりました。帯広で馬に関連するものと言えば、世界でもここでしか見ることがでない「ばんえい競馬」でしょう。そこで、帯広競馬場で、ばんえい競馬の装蹄を見学させていただきました。

現在、帯広競馬場の厩舎地区には、千葉装蹄所と髙橋装蹄所の2件が開業装蹄師として装蹄所を構えてます。装蹄では、体重約1tの馬なので、人への負担や安全を考慮して、枠場に入れて平打ち縄で馬の肢を枠場の支柱に縛り、装蹄が終了するまで、ほぼこの状態のまま保定します。そのため、腰が悪い馬では、強く暴れて、枠場が少し動くこともあるそうです。削蹄では、厚さ約3㎝も削切しており、普段私達が装蹄している軽種馬とは大きく違っていることを実感しました。また、ばんえい馬の蹄は、サラブレッドと違って、硬いので鎌で削蹄しづらいということも教えていただきました。そして、最も重要なことは、大きく力がある馬なので、常に安全を意識しながら装蹄作業を進めなければならないということです。

日常の護蹄管理は、馬体が大きく、蹄を持ち上げて裏堀するなどが難しいので、装蹄する際に初めて肢蹄のトラブルに気づくことも少なくないそうです。同じ馬でも、扱い方、作業手順や道具などが全く異なるので、ばんえい馬の装蹄には興奮しました。

S__65568873.jpg

研修2日目:牧場での削蹄実習(谷口牧場さん・中神牧場さんでの削蹄実習)

北海道日高装蹄師会に所属する現地の開業装蹄師さんの指導の下、牧場の繁殖牝馬や子馬の削蹄実習をさせていただきながら、基本的なことを習いました。蹄鑢を使用する時は、無駄に力は入れないで、手首や肘は固定し肩を大きく動かすようにすると使いやすくなること、蹄鑢をかけているときに蹄が不用意に動くと馬は嫌がって肢を振ること、蹄踵の内外の高さが均等になるように蹄鑢を使えるようになることなどを教えて頂きました。

また、蹄葉炎を罹患した繁殖牝馬への装蹄療法も見学することができました。教育センターでは、実際に見ることがないものなので、すごく勉強になりました。

DSCN1430.JPG