母馬と子馬に触れた北海道研修・第4回

研修6日目(午後):牧場での削蹄実習(社台ファームさん

6日目の午後は、社台ファームで繁殖牝馬などの削蹄実習をさせていただきました。講師は、今年の春に教育センターを修了され、社台ファームに勤務している先輩装蹄師2名です。スピーディーに作業をしながら、的確に指導をしていただきましたが、装蹄師として現場で働くようになって1年もしないのに、ここまでのことができるようになれるというのは驚きでした。教育センターでの講習期間中にも先輩方に会う機会はありますが、1年目の先輩からこのような形で指導していただけたので、明確な目標が見えてきた気がします。

DSCN1591.JPG

研修7日目:牧場での見学研修(社台ファームさん

北海道研修最終日も社台ファームでお世話になりました。

午前は、特殊蹄鉄を用いた装蹄処置法の見学です。計測した蹄に合わせて、連尾蹄鉄を造鉄し、罹患馬の蹄に装着していました。現在、教育センターの実習では、造鉄は蹄鉄を作製するトレーニングとして行っており、装蹄には自分たちが造鉄した蹄鉄ではなく機械性蹄鉄を装着するので、今回の特殊蹄鉄の装蹄処置法はとても新鮮で、刺激的でした。将来は自分で造鉄した蹄鉄を用いて装蹄するオーダーメイド式装蹄ができる装蹄師になれたらと夢が膨らみました。

DSCN1617.JPG

午後は、"獣医師から見た肢軸異常について"との内容で講義をしていただきました。幼駒の肢軸異常が適切な装蹄療法によって徐々に回復するというものでしたが、ここでも一番大切だと感じたことは、飼養管理者・装蹄師・獣医の三者の連携がとても大事であるという事です。装蹄師は薬やレントゲンなどを扱うことはできませんが、獣医師も特殊な装削蹄をすることは難しいと思います。また、日常的に馬に接する管理者の観察や手入れのおかげで些細な異常を早期に発見できます。現場にたって仕事をする際には、関係者と密接にコミュニケーションも取って、馬に対しての情報の共有がしっかりとれるようにしようと感じました。

この北海道研修を通して、装蹄に関わる技術と知識だけではなく、日本の馬産業で大きな役割を担っている生産地における、馬が生まれ、育っていく状況、さらにそこに携わる多くの人たちの思いについても知ることができました。装蹄に関することはもちろんですが、ホースマンとして大切な部分も少しは身に付けることができた気がします。

DSCN1312.JPG

シンザン像にて

今回お世話になりました皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

今回お世話になった方々〈訪問順・敬称略〉

・帯広競馬場

・高橋装蹄所(ばんえい)

・千葉装蹄所(ばんえい)

・北海道日高装蹄師会のみなさん

・JRA日高育成牧場

・BTC軽種馬育成調教センター

・谷口牧場

・中神牧場

・ヒダカファーム

・NOSAI日高家畜診療センター

・日本軽種馬協会 静内種馬場

・(株)ノースヒルズ

・静内フジカワ牧場

・日高軽種馬農協 静内支所 北海道市場

・社台スタリオンステーション

・ノーザンファーム

・社台ファーム

この記事について

このページは、公益社団法人日本装削蹄協会が2016年8月20日 10:36に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「母馬と子馬に触れた北海道研修・第3回」です。

次の記事は「夏休み後の試練 -前期試験終了- 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。