ワザの祭典!!全国装蹄競技大会&海外のトップ装蹄師のクリニック

◆全国装蹄競技大会

年に一度、その年の装蹄技術の日本一を決める「全国装蹄競技大会」が10月17日18日の2日間にわたって、ここ宇都宮の装蹄教育センターで開催されました。

選手の造鉄風景.JPGのサムネイル画像

69回目となる今回は、各地の予選競技会を勝ち抜いた32名の装蹄師が選手として出場し、日頃から鍛え上げた技と知識を発揮するべく競い合いました。私達講習生は、この大会の開催の会場設営や当日の装蹄馬の引き馬など競技補助として参加し、競技を行っている姿を間近で見ることができました。選手の皆さんは、競技以外では和気あいあいとお互いに楽しそうに話していましたが、競技が始まると一瞬で集中し、周囲のお客さんからの視線にも何ら動じることなく作業を行っていました。

初日のお昼には、決勝である装蹄競技に出場する選手が発表される時間を利用して、私達講習生も15分間で05タイプ蹄鉄1個の造鉄を披露させていただきました。多くの皆様の前で作業するのは初めてなのでとても緊張しましたが、皆精一杯頑張りました。今回の経験で、多くの人の前でも高いクオリティーで競技をする選手の方々の凄さを改めて体感し、将来は自分もこの舞台に立って日本一を目指したいと思いました。

講習生造鉄!!.JPG

◆海外装蹄師のクリニック

例年、全国装蹄競技大会の開催に合わせて、欧米の装蹄競技大会で上位に入賞しているトップクラスの装蹄師を招き、海外の装蹄や造鉄の実演や実技指導(クリニック)が行われています。今回招聘されたジャスティン・フライ装蹄師は米国のミネソタ州出身で、全国装蹄競技大会では、両日ともに特殊蹄鉄の造鉄を実演していただきました。その翌日には、すでに現場で働いている装蹄師を対象に装蹄と特殊蹄鉄の実演と実技指導も行いました。その後の2日間は、私達講習生に、欧米の標準蹄鉄であるジャーニーマン蹄鉄の造鉄法について実技指導をしていただきました。もちろん、これだけでなく、講習生各自の技術を見て、火鉗の持ち方や手鎚の振り方、造鉄工具の修理方法についても教えていただきました。そして、教えていただいた欧米式標準蹄鉄を課題として、2回ほどプチ競技会が行われ、その上位入賞者にはフライ装蹄師ハンドメイドの賞品をいただきました。また、フライ装蹄師が滞在した約1週間は、私達が生活している八汐寮に宿泊していたので、造鉄や装蹄技術だけではなく、アメリカの馬文化やワークスタイルの違いなど、とても興味深いお話も聞くことができました。

ジャスティンの指導.JPG

色々とお世話になったお礼を兼ねて、教育センターを出発する前夜には、講習生主催のBBQ Partyを開催し、未熟ながらも英語で自己紹介をしたり、侍の甲冑を着てもらったりと親睦を深めました。

samurai Justin.JPG

短い時間でしたが、とても楽しく、大変有意義で貴重な時間を過ごすことができました。また、海外の技術にも目を向けて広い視野で装蹄の仕事をできるようになりたいとも感じた1週間でした。

ありがとうございました。Thank you Justin !!

集合写真.JPG

この記事について

このページは、公益社団法人日本装削蹄協会が2016年10月31日 11:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「夏休み後の試練 -前期試験終了- 」です。

次の記事は「宇都宮でお世話になる馬達」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。