最後の試練「認定試験・後期試験!!」

2月に入り、宇都宮も寒い日が続き、ときどき雪も降ってきます。このような中、2月10日から3日間にわたり装蹄師認定試験の後期試験が行われ、我々11名全員が認定装蹄師となるために、超えなければならない最後の難関に挑みました!!例年は、初日には前期試験で行わなかった6科目の学科試験、2日目に実馬の装蹄判断試験と実技試験(装蹄と造鉄)となっていますが、今回は、装蹄実技試験をNAR教養センターで行うことになったので3日間となりました。日程にそってご紹介します!!

第1日目

写真はありませんが、装蹄教育センターの研修室にて筆記試験が行われ、午前に3科目、午後に3科目の合計6科目を受験しました。講習生全員、まずまずの手ごたえはあったようです。ただ、結果は・・・・・。

第2日目

 実馬の装蹄判断試験と造鉄実技試験が行われました。

装蹄判断試験は、馬の立ち方や歩きを観察して、その馬に対する装蹄方針を表現する試験です。馬の歩きのポイントを見極めたり、肢蹄にある異常や疾病などを見つける観察力とそれらに対する装蹄方法を導く理論的な考察力が必要になります。約1年間にわたり、装蹄教育センターで専門的な教育を受けたといっても、私達の観察力と考察力も未熟なため、とても難しい試験だったと感じました。

DSC_7428.JPG

造鉄試験は、45分間で新標準蹄鉄15タイプと呼ばれる蹄鉄を、前・後肢用各1個を作るというものです。日常的に造鉄練習をしていた鉄床と火炉を使用しての試験でしたが、やはり試験ともなると緊張して普段より鎚が重く感じたり、動きが固まってしまったりして思うような製品が作れなかった人もいました。

DSC_7500.JPG

第3日目

地方競馬那須教養センターの装蹄所と繋養馬をお借りして、75分で、同側前後肢各1蹄の装蹄を行う装蹄実技試験です。講習生11名を4班に分けて、朝8時15分から午前に2班、午後に2班が装蹄実技試験を受けました。近年、実習での装蹄頭数が減少傾向にあるので、その分を原寸大の蹄が書かれた用紙に合わせた修整練習などで補っていたため、不安をかかえた講習生もいましたが、全員無事に時間内に装蹄を終了することができました。

DSC_7686.JPG

あとは結果発表を待つのみです。

無事に全員合格できることを祈っております!!

この記事について

このページは、公益社団法人日本装削蹄協会が2017年2月20日 14:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「2017年スタート!」です。

次の記事は「センターからの巣立ち ~それぞれの現場へ~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。