センターからの巣立ち ~それぞれの現場へ~

装蹄教育センター第22期生11名は、2級認定試験に無事全員が合格し、

2月27日に修了報告会、28日に修了式を迎えました。

27日の報告会では、保護者や関係団体の方々が見守る中、

私たち22期生の1年間の集大成として、造鉄を競技形式にて披露いたしました。

競技の内容は15タイプ前後肢各1個の造鉄競技から始まり、

模型の蹄を15秒間観察して同じ形の連尾蹄鉄1個をつくるイーグルアイ競技、

欧米式の蹄鉄(ジャーニーマンタイプ)を左右ペアで造鉄する競技の3つを行ないました。

修了報告会の様子.jpg

人に見られながらの造鉄は緊張しますが、満足した製品がつくれたのではないかなと思います。

また、初めて作った蹄鉄や全国大会の際に造鉄した製品なども展示され、過去に自分たちが作った蹄鉄を確認する事で、

この一年間で製品のクオリティが改善していることを改めて確認出来ました。

ただし、まだまだ満足出来るレベルでは無いことも肝に銘じて、現場に行っても努力を怠らず、

常に勉強・成長のできる装蹄師になりたいと思います。

翌28日には、多くの来賓の方に出席をいただき、私たち22期生の修了式を盛大に催していただきました。

修了式.jpgのサムネイル画像

振り返ると、昨年の4月から1年弱という短い講習期間でした。

修了式の最中には、この1年間に身に付けた知識や技術を基礎として、これから駆け出しの装蹄師人生が始まるんだ!と思うと、

期待も不安も入り混じった不思議な気持ちになりました。

これから11名それぞれの装蹄師人生がスタートしますが、

まずは全員が揃って5年後の一級試験に合格出来るようにこれからも精進して行きます。

集合写真.jpgのサムネイル画像

最後になりますが、日本装削蹄協会の会長をはじめとする諸先生方、JRA・NARをはじめとする関連団体の皆様、

外部研修等でお世話になった装蹄師の皆様に、この場をおかりして感謝申し上げます。

馬達の足元をしっかり支えられる立派な装蹄師になれるように、違う現場に行っても同期と支え合い、助け合いながら努力します。

今後少しでも早く装蹄業界・馬サークルを支えて行ける存在になれるように精進しますので、

どうぞ今後とも皆様のご指導・ご鞭撻をよろしくお願いします。

この記事について

このページは、公益社団法人日本装削蹄協会が2017年3月14日 13:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「最後の試練「認定試験・後期試験!!」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。