"蹄"と呼ばれるわけ
馬はアシの長さを増して歩幅を広げるため、つま先立ちで走っています。つま先立ちになると中指だけが接地し、負担が中指の先端のみに集中することから、指先の皮膚を角質化して保護するようになりました。「蹄(ひづめ)」という文字を用いる以前は、だから"皮爪"と書いていたのです。
ヒトのツメとの違い
イラストレーションヒトのツメも馬の蹄も本来は同じもの。ただし、馬ではヒトの指紋がある部分も角質化して三角形の柔らかな蹄叉(ていさ)となっています。
生きている蹄
角質部分には神経と血管がありませんが、それでも蹄は生きています。蹄壁の角質は、上から下に向かって1ヶ月に8mmほど伸び続けています。伸びるにつれて蹄の角度は少しずつねてくるのが普通です。
装蹄の手順
イラストレーションまず履いている蹄鉄を外します。専用の刃物で伸びすぎた部分を切り取ります。削蹄した蹄に合わせて新しい蹄鉄を調整します。この時、蹄鉄の密着性を高めるため、熱した蹄鉄を蹄に押し当てることもあります。これを、焼き付けといいます。蹄鉄の調整が終わったら、装蹄専用の釘を用いて、蹄鉄を正しい位置に取り付けます。蹄壁に飛び出した釘の先端を切り取り、切断部分を折り曲げて固定します。最後にはみ出した蹄に軽くヤスリを掛けて完成です。